千葉広産物件

仙台青葉区/宮城野区の賃貸アパート、賃貸マンション、店舗、オフィス、月極駐車場

プロパティマネジメント

CPM(不動産経営管理士)のいる不動産会社

オーナー様の不動産資産をオーナー様の代理人として収益の最大化を図る。

「賃貸仲介」の仲介手数料をメインとした不動産が多い中、私達千葉広産は、オーナー様の不動産資産を代理人として、収益の最大化を図るため、PM(プロパティマネジメント)という考え方のもと、資産管理を行なっていきます。

プロパティマネジメントの役割

  • プロパティマネジメントの役割
  • オーナー様がアパートやマンションの建設を検討される際、建築会社に相談するというのが一般的です。しかし、建設するプロではあっても、この場所に「どの間取りがいいか」、「どのくらいの専有面積がいいのか」、「どの設備仕様を取り入れるのか」、「家賃はどのくらいか適切か」などの企画を立てるプロではありません。
    企画に、実際に賃貸の現場、つまり入居者ニーズや物件の運用コスト(ランニングコストやメンテナンスコスト)を把握しているPM(プロパティマネジメント)が参画することは重要です。新築や既存物件のリフォームを問わず、PM(プロパティマメジメント)が企画段階から関与することで、その物件の長期の稼動状況に大きな影響を与えます。「建築プロデュース」はPM(プロパティマネジメント)主導でご検討いただきたいと考えます。

PM(プロパティマネジメント)の考え方をする不動産会社とは

不動産(賃貸アパート・マンション)管理の考え方
  • 1)管理手数料
    テナントからの仲介手数料が売上のメインではなく、オーナー様からの『管理手数料』が売上のメイン。
    2)利益相反の排除
    オーナー様の収益を最優先し、自社の収益をオーナー様の収益より優先しない。
    3)管理業(PM)がメイン
    仲介がメインの不動産は、入居者の解約には困らない。PMの不動産は、稼働率が低下するので、入居者の解約を好まない。そのため、空室対策には積極的。
    4)建築プロデュース
    新築・中古に関わらず、建築のプロデュースには積極的である。入居者が好む物件などを考慮し、アパート・マンション建築のプロデュースを行ないます。
  • 不動産(賃貸アパート・マンション)管理の考え方

高度な交渉力

高度な交渉力 Communicate skillfully
  • 高度な交渉力
  • CPMはいろいろなタイプのコミュニケーション能力を兼ね備えた熟練したマネージャーです。スムーズなビルの運営のためにテナント間のまとめ約や、テナントとオーナーの調整役として、高いスキルを発揮します。